副業といわれるチャットレディについて

先日までチャットレディをさせてもらっていました。
チャットレディの口コミを見て1通受信にあたり90円もらえるサイトに登録していました。男性の登録率が高く女性が足りてません!とうたわれているサイトです。
サイトに登録している男性は30代以上の人が多かった気がします。
1通あたり90円もらえるために男性は送信するのに倍の値段はかかっていると思います。そのため自分から営業メールを送らないと誰からもメールは来ませんし営業メールをたくさん送っても返信は来ないことが多いです。

サイト内のサポートはLINEでしてくれるため親切ではありますがどうしたら返信がくるのかなどは教えてもらえないため自分で考えないといけません。
私は2週間登録していて1日に500通くらい営業メールを送っていましたがいい日で1割返ってくるかな?というくらいです。
男性はアダルト目的で登録している人が多いのでアダルト目的が大丈夫な人にはオススメです!

ですが、今は1通受信で40円に変更されているみたいなのでサイト運営が少し心配なところがあります。
女性は大体が副業のチャットレディとして登録している人が多いと思うので実際に会えるということはないと思います。
主婦の登録が多いと思いますが皆さん彼氏募集やOLですなどプロフィールは嘘だらけです。私もTwitterで紹介され始めましたが、プロフィールは男性の気を引くように嘘も大事だよ!と教えられました。男性はそれでもいいなら登録してみてください。

ちなみに稼げている人は何十万と稼いでいるみたいです。

今年100万円貯金するのが目標です。

今年100万円貯めることを目標にしています。
この5ヶ月、毎月9万円どうやって貯金するか考えています。
ボーナスなしで月の手取りが31万円です。そのうち支払いが家賃に8万円。外食含めて食費が7万円。携帯電話や電気代など諸々の生活費が5万円程です。デートなど遊びに行くと一月だいたい5万円ぐらいかかってしまいます。普通に生活していると一月25万円ほどかかってしまうのです。もっとかかっている月もありますが。残りの6万円を貯金するとしても差額の3万円をどう捻出するか悩みどころでした。支出を減らすか、収入を増やすか。私が実際に取り組んだことを紹介します。

まず、支出を減らす方法としてスマホを買い替えました。
格安スマホが安いと聞き、auのiPhoneからマイネオのアローズに乗り換えました。毎月1万円以上していた通信費が3000円弱です。7000円以上の節約です。

次に食費の見直しをしました。毎日お昼は外食をしていたのですが、お弁当を持っていくようにしました。最初は準備が億劫でしたが今では慣れて当たり前になっています。それまではランチ代700円かかっていたので、お弁当の食材費を多めに見積もったとして1日500円節約。20日計算で1万円の節約。どんどん目標に近づいています。目標金額まで1万3000円。

支出の節約だけでなく収入を増やすことも考えてみました。
副業です。候補として挙がったのは次の3つ。

(日)株式売買
楽天証券でしてみたものの結局6万円ほど損しました。

(月)せどり
近所にブックオフがあったのだアマゾンで調べて価格差があるものを出品中。たいして成果がでていません。売上金額でトータル1万円ほどです。利益は2000円ぐらいです。手間のかかるわりには儲かりません。

(火)アフィリエイト
FXや保険会社に登録し、キャッシュバックをもらっています。1件あたり1万円から2万円ほど報酬としてもらえます。1月からトータルで12万円以上もらっています。
おすすめは、FX口座の開設。
DMMFXなんかキャッシュバック2万円です。条件として5回売買しないといけないとこありますが条件満たして後はそのままです。
こんな方法で今年100万円貯金を目指しています。今のところ順調に55万円貯金できています。

お金をかけなくても生み出せる女性になりたい

最近は、「リメイク」や「ハンドメイド」などオリジナルなモノ作りが人気ですね。
リメイクやハンドメイドには、既製品にはない魅力があります。

まず1つに、「他の人が持っていないものを作りだせること」があります。
そして「既製品より安価である」という事も魅力の1つです。
また、リメイクやハンドメイドは生活に潤いを与えてくれるものでもあると思います。
「作る楽しみ」や「工夫する楽しみ」、「飾る・身に付ける楽しみ」がそこにはあるからです。何よりも、ステキなのは、リメイクやハンドメイドを楽しむようになると、家にあるものや、100円ショップの雑貨もステキなものに変身します。

そのため、お金をかけないで生活に潤いを与えることにつながっていくのです。
この考え方は、料理にも置き換えることができます。
安い食材でも、工夫を凝らす事を楽しめばレストランでの食事にも負けない食卓に彩ることができます。古くなった衣類やカバンもリメイクで手を加えてあげれば、個性的なものに変身したります。

今は、お金で何でも買える時代ではありますが、お金をかけなくても、生み出せる「想像力のある女性」は魅力的だな・・と思います。
テレビでも芸能人がリメイクやハンドメイドによって素晴らしいものをつくり出している番組を目にします。リメイクやハンドメイドは、お金の有る・無しは関係なく楽しいものだからこそ、流行ってきているのでしょう。
使い捨ての時代だからこそ、モノを長く使いこなせるような人になりたいと思います。

親に土地をもらったママ友

私のママ友で、自分の実親に土地をもらってマイホームを建てた人がいます。
ちなみに隣には両親が住んでおり、そのまた隣には同じく土地をもらった弟夫婦が住んでいます。

その地域は新興住宅地で最近どんどん坪単価が上がっているので、正直そのあたりで土地を買わずに建物だけの購入で済んだというのは、本当に羨ましくて仕方ありません。建物だけだったら1,000万台でできているだろうと思うので、毎月の住宅ローンも少ないだろうなーと。

一方私も今年マイホームを購入したのですが、もちろん土地から購入したので建物と合わせてウン千万してしまい…もちろんマイホームにはとても満足していますが、「節約して住宅ローン頑張って払うぞー!」っていう感じです。

ちなみに実親からはお祝い金を少しいただきましたが、旦那の親からは援助どころか1円もいただいておりません。それなのに息子が建てた家!とドヤ顔で親戚とかを連れてくるのでちょっと最近疲れてきました(すみません、愚痴です)。
もちろん援助してもらって当たり前とは思わないのですが、結構周りでそのママ友のように親に土地を買ってもらった・譲ってもらった・1,000万の援助をもらった…等の話を聞くので、節約に励んでいる私からすると、甘えてるなーという気持ちといいなぁという気持ち(すみません、こっちが本音かもしれません)が混在しています。

でもまぁお金を出してもらうということは口も出されるということだから、逆に口は出されなくていいといえばいいかもしれません。と、自分の気持ちをなだめています(笑)。

主人と私のお小遣いについて

我が家では、主人のお小遣いは4万円です。
正直ちょっと多いなーと思っているのですが、まぁ不規則勤務できついなか、毎日仕事を頑張ってくれているのでいいかなと思っています。

テレビやネットなどでは「夫の小遣いの平均は給料の1割」とよく言われていますが、我が家の夫の小遣い4万はぶっちゃけ給料の1割よりかなり多いです(笑)。
しかも飲み会にもあまり行かないので、結構ため込んでるんじゃないかと思ってしまっています。それとなく聞くと毎月残っているようなので…。
でもその残ったお小遣いでたまに何かを買ってくれたりするので、当面減らす予定はありません。

一方私のお小遣いですが、主人の給料からは貰っていません。というか足りないので貰えません(笑)。
なので、私は自分でポイントサイトなどでちまちまと稼いで、それを自分のお小遣いにしています。
多いときは月に3万円くらいいくときもありますが、少ないと1万ちょっとくらい…。
本当はもっともっと頑張ってへそくりができるくらいになりたいなと思っています。
でもまぁ私自身はそんなにお小遣いは必要としないので、なんとか自分の稼ぎで足りてはいます。

ほとんどママ友ランチに行ったり飲みに行ったりもしませんし、洋服もめったに買わず、買ったとしてもヤフオクで古着を購入しており、化粧品も無印良品を愛用しているので…。まぁでももしもう少し余裕があれば、ちょっとお高めのフェイスパックを買ってたまには使いたいなーとは思います。

同棲カップルの生活費

同棲カップルの生活水準はどのくらいが平均的なのでしょうか?
共働きであれば彼氏彼女の給料、彼氏だけ働いているのであれば、彼氏の給料でやりくりしなければいけません。
給料に応じて、賃貸物件を選んだりすると思いますが、賃貸料は給料の3分の1までであれば生活ができると聞いたことがあります。

例えば、給料の3分の1の賃貸料の賃貸物件に住んでいるとして、貯金や娯楽費はいくらくらいが普通なのでしょうか。
給料の3分の2で、家賃と生活費を支出するとしたら、貯金と娯楽費は残りの3分の1ということになります。
給料の3分の1が自由に使えるお金となったとき、貯金と娯楽費は何対何で分けるのが一般的かわかりませんが、わたしの場合は貯金6割娯楽費4割とわけます。同棲中ということで、先に結婚式をしたかったり、新婚旅行に行きたいので少しでも貯金したいため貯金のほうに比重を置いて貯金の割合を多くしています。

貯金を少しでも多くしたい場合は、娯楽を我慢して9割くらいを貯金に持っていくべきなのでしょうか。貯金したいために休日全くどこにも出かけなかったり、外食もしないというカップルも少なくないと思います。
ですが、わたしはそこまできっちり徹底してしまって、毎日我慢するような生活をしていてはストレスしか溜まらないのではないかと思います。なんのために仕事をしているのかわからなくなってしまうような気がします。

なので、わたしは貯金もしたいけど、たまの休日にはストレス発散のために外出することも必要だと思い、貯金と娯楽費の割合が上記のようになりました。

ミシンでのお裁縫はメリットがいっぱい

最近裁縫にハマっています。
きっかけは子供の入園時にミシンを購入したこと。
給食袋やナプキン、スモックや上靴袋等作ったのですが、作り方を調べるために色々なサイトを見ているうちに手作りの魅力に気づきました。

正直技術はあまりありません。
元々手先は器用ではないし、家事や育児の合間に見よう見まねで縫うだけなので上達もさほどしていないと思います。
だからたった一つの素敵な作品が出来る、とは言いがたいです。
しかし既製品と違って自分の使いやすいサイズに仕上げることが出来るし、チャック式やボタン式等好みに合わせてデザインできます。
既製品を選んでいる際、ここがこうだったら買ったのにな、惜しいなと思うことが多い人にはお勧めです。今のミシンは誰が扱っても綺麗に仕上がりやすくよう工夫されているので、余程難しいものでなければ簡単に作れますよ。

また、私にとって手作りの大きなメリットはもう一つあります。
それは、節約になるということ。
ミシン自体はそんなに安くはないですが、一家に一台用意しておけば簡単なお直しから入園グッズ等の作成まで意外と色々使えます。お直し屋さんに出しに行ったり、入園グッズを全て既製品で揃えて買うよりもかなり安く済むんです。

ちょっと不格好になってしまっても、子供にとっておうちの人が作ってくれたものは特別。愛情を込めて作るだけで、節約になる上親子間の絆も深まるのでお勧めですよ。
特に安く済ませたい場合は、生地の特売を覗いてみるのもいいですよ。

たくさん引かれる給料明細

毎回給料明細を見て思うのが、厚生年金に健康保険、市民税本当にたくさん引かれすぎて手取りが少ないと。うちらが年金もらう時はあんまないとも言われてるのに。市民税は年収できまり、その市民税で保育料が決まる。
手取りは少なく保育料は高いから生活もいっぱいいっぱいになってしまう。なんか納得できない。

うちは9歳5歳8ヶ月の子がいてますが、保育料も年が離れてると割引もなくそれもどうかと思う。少子化やからこそ子供がたくさんいてる家庭には補助がもっとあってもいいのではないかと思う。お金がかかるから子供が欲しくても諦める家庭が多いのも事実だと思う。
仕事も今は専業主婦だけど3人目が出来るまでは介護の仕事をしてた。8時半から17時半で帰るのはだいたい6時ぐらい。子供を迎えに行きご飯を作り1日バタバタでイライラもして。それで月15万。それやったら9時15時とかで扶養内で働く方が自分にとっても子供たちにとってもいいと思うし、次働くならそうしたい。今はお金はないけどゆったり子育て&家の事もできてるのでいいんやけど、小学生に、なると習い事もさせてあげたいと思うとやっぱりお金は必要やなって。
うちの上2人はやんちゃな男の子で仲がいい時はいいのですが喧嘩もしょっちゅう!この三月末に引越しして周りに遊べると子もなく帰ってきたらずっと家で。今までは宿題してら友達と遊んでたのに。体力余りすぎてるからうるさいし、ストレス溜まってるみたいで。
キックボクシングがしたいみたいやから体験行ってみようと思う。

夜型人間が、朝活に挑戦!

以前は残業が多く夜型の生活リズムがどうしても崩せなくて、午前12時を回ってから眠るのが普通でした。ところが今では午後6時までに仕事が終わるので、その必要もなくなりましたが、相変わらず夜型の生活から抜けきれずにいました。

ところが40歳を過ぎたころから病気がちになり、入退院を繰り返すようになったことからこのままではいけないと一念発起!
今までまるで想像もつかなかった早寝早起きの生活を習慣づけるために、夜9時に眠り朝4時に起きるという朝活に挑戦!
最初のころは夜9時に布団に入ってもなかなか寝付けなくて、結局は午前12時になってようやく眠ることができました。私にはやっぱりムリ…と思いましたが、周囲のママさんたちはみんな朝活で資格取得のための勉強に励み、好きな懸賞に集中して打ち込めると言って朝活をすでに習慣づけている人が多いので、私も頑張って朝活体質になろうと眠くなくても夜9時には布団にもぐり込むことを敢行しました。

すると不思議なことに、だんだん眠りに入ることができる時間帯が早くなり、午前12時だったのが11時、10時ごろにはぐっすりと眠ることができるようになりました。それと同時に朝も4時にピッタリ目覚めることができるようになり、朝活を決心して3カ月後には夜9時に眠り朝4時に起きるということが普通にできるようになったのです。

私の場合もスキルアップを目指して資格取得の勉強の時間にあてましたが、夜よりも目が疲れにくいですし勉強にも集中することができました。
まだ勉強を始めたばかりですが、自分磨きに役立つことができました。資格を取れば少しはお給料もアップしてくれるかしら…と期待しながら頑張っています。